GARMIN Edge830 デモ機おいています

今日は、先日、講習会に行ってきましたガーミンのサイクルコンピューター
Edge830についてです。こちら当店のデモ機になります。

ガーミンのサイクルコンピューター、
ルーツは航空機のGPSから
海外ではカーナビでも有名で、タクシー等でも多く使われています。
その他、登山やランニングあらゆるナビゲーションとして使用されています。

そんなガーミンのサイクルコンピューターの最新商品
Edge830です。
こちらの商品は、カーナビのようにタッチパネルで
直観的にナビゲーションを入力できるようになっています。

この新商品のここが新しくなった点!
高速CPUにアップグレードし、動作速度が大幅アップ
昭文社の最新版地図にてより多くの道路を掲載
バイクアラームでセキュリティ強化
パワーカーブ機能で標高と体の測定
カロリー消費と水分補給
バッテリーのもちアップ
解像度49%アップで見やすい
bluetooth対応でズイフトなど連携に便利
などなどです。

パフォーマンス測定では、体がトレーニングに対してどこまで対応しているかを
見える化。ビギナーの方でもわかりやすくなっています。
トレーニング系の機能では、人間工学に基づいたこだわりのある
製品づくりをされており、高品質な機能満載です。
自分レベルの把握、モチベーションアップ、レベルアップに
お役立てください。

有酸素運動、無酸素運動がわかるのでトレーニング強度や運動量が明確に。

パワーカーブ機能では、時間ごとの平均パワーがわかるます。
10分後、20分後のパフォーマンスはどうなっているか一目でわかります。

バイクアラームでは、バイクに衝撃があると音がなり、
スマホと同期で連絡が入ります。
パスワードによって警報を止めます。

目玉機能のナビゲーションでは、
知らない場所でのポタリングでも道に迷いません。

ライド状況をリアルタイムで確認できる機能、
過去のログの振り返りもできます。
レース機能では、過去の自分ともレースができます。

ディスプレイにもこだわりがあり、
高解像度で、日光下でも見やすい低反射になっています。

衛星受信も4種類があり、トンネルもロストしにくいとか。

サイクリングイベントでも便利な
グループライド機能が搭載されており、
各メンバーが地図上のどこを走っているか印がでます。
みんなで地図を共有していると楽しいいですし、
安心ですね。16kmまでカバーできます。
ライブトラックでも、リアルタイムでどこにいるか
わかるので、こちらの機能を使っても居場所がわかりますし、
先回りメンバーなどにも便利ですね。

もしものための事故探知機能もついています。
緊急連絡先にショートメールが送られます。

ライダー間メッセージでは定型文で簡単にやりとりも可能です。

いくつか機能を紹介しましたが、
まずは、ナビゲーション機能を使って、
気軽にポタリングから始めるのもいいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です