自転車の空気の入れ方 イングリッシュバルブ編(英式)※主にシティサイクル

空気の入れ方について動画にて解説させて頂きます。
(動画が見れない場合は下に静止画を用意しています)

今回はイングリッシュバルブ(英式)について説明致します。
イングリッシュバルブは、主にシティサイクル等の実用自転車に多く使われている種類です。
まずイングリッシュバルブの形状ですが、以下の通りです。
空気入れは、普通の家庭用空気入れを使用します。

以下は静止画で解説します。(内容は動画と同様です)

キャップを外します。

※樽型のネジがゆるんでいる場合は、しっかり締めて下さい。

家庭用空気入れを取り付けます。

空気を入れます。

空気入れを終えたら、空気入れを外します。

キャップをして完了です。

自転車の空気の入れ方 フレンチバルブ編(仏式)

空気の入れ方について動画にて解説させて頂きます。
(動画が見れない場合は下に静止画を用意しています)

今回はフレンチバルブ(仏式)について説明致します。
フレンチバルブは、スポーツ車に多く使われている種類です。
まずフレンチバルブの形状ですが、以下の通りです。

入れ方は、下記の3種類になります。
空気入れの種類により入れ方が異なります。

  1. アダプタを使用して家庭用空気入れで入れる
  2. レバー式の仏式対応空気入れで入れる
  3. ネジ式の仏式対応空気入れで入れる


では、順番に各空気入れ別に解説していきます。

1.アダプタを使用して家庭用空気入れで入れる

この空気の入れ方をする場合はアダプタをご用意下さい。

以下は静止画で解説します。(内容は動画と同様です)

キャップを外します。

樽型のネジをゆるめます

ネジをゆるめたら、ネジの頭を叩き、弁を開きます。
叩いた時、空気の出る音を確認して下さい。

バルブ変換アダプタを取り付けます。(ネジ式)
これにより家庭用空気入れで空気を入れれるようになります。
家庭用空気入れは、イギリス式(英式)の仕様です。

家庭用空気入れを取り付けます。

空気を入れます。

空気を入れ終えたら、空気入れを外します。

変換アダプタを外します。

樽型のネジを締めます。

最後にキャップをして完了です。

 

2.レバー式の仏式対応空気入れで入れる

※空気圧を見る場合は、予めタイヤの側面に書いてある空気圧をご確認下さい。

以下は静止画で解説します。(内容は動画と同様です)
この空気の入れ方をする場合は仏式対応のレバー式空気入れをご用意下さい。

キャップを外します。

樽型のネジをゆるめます

ネジをゆるめたら、ネジの頭を叩き、弁を開きます。
叩いた時、空気の出る音を確認して下さい。

仏式用の空気入れを取り付けて下さい。
差し込む際は、まっすぐにお願い致します。
バルブがゆがむと戻らない場合もあります。

レバーを起こして下さい。

空気を入れます。

空気圧を見る場合は、予めタイヤの側面にて確認した空気圧に合わせます。

空気を入れ終えたら、空気入れのレバーを畳みます。

空気入れを外します。
バルブが痛まないよう、まっすぐに外して下さい。

樽型のネジを締めます。

最後にキャップをして完了です。

3.ネジ式の仏式対応空気入れで入れる

※空気圧を見る場合は、予めタイヤの側面に書いてある空気圧をご確認下さい。


以下は静止画で解説します。(内容は動画と同様です)
この空気の入れ方をする場合は仏式対応のネジ式空気入れをご用意下さい。

キャップを外します。

樽型のネジをゆるめます

ネジをゆるめたら、ネジの頭を叩き、弁を開きます。
叩いた時、空気の出る音を確認して下さい。

仏式用の空気入れを取り付けて下さい。
差し込む際は、まっすぐにお願い致します。
バルブがゆがむと戻らない場合もあります。

ネジを締め、空気入れを固定します。

空気を入れます。

空気圧を見る場合は、予めタイヤの側面にて確認した空気圧に合わせます。

空気入れのネジをゆるめます。

空気入れを外します。
バルブが痛まないよう、まっすぐに外して下さい。

樽型のネジを締めます。

最後にキャップをして完了です。

 

2018モデルDash Altena「Canary Yellow」オーソライズドディーラーモデル

2018モデルDash Altena「Canary Yellow」オーソライズドディーラーモデルが、

発表されました

本日より受付開始ですが、入荷は2月中旬から末の予定です。

定価 税込¥138,240 販売価格税込¥124,410(現金価格)

 

 

DAHON Helios Tiagra10speed多段速化カスタマイズ!

DAHON Heliosシングルスピードからのカスタマイズ情報です。

今回は、DAHON Heliosのチタンカラー(マットブラックとグレーの中間色のような色)の車種のカスタマイズです。
カラーもシンプルかっこいい色となっています。
このHeliosをTiagraで10速化していきます。

ビフォア画像です。

全体像です。

シングルスピードの為シフターはない状態です。

同じくシングルの為リアディレイラーもない状態です。

続いてが、カスタマイズ後の

アフター画像です。

シフトレバー10S用に
シマノ tiagra SL 4700を装備!

リアディレイラーも10S用
シマノ tiagra RD 4700 SSを装備。
カセットスプロケットも10S用11-28T
シマノ tiagra CS-HG500-10を装備しました!
かっこいいです。

こちらが全貌です。

Heliosの美しくかっこいいフレーム、
DAHON SLXに負けない軽さ!
それにtiagra10S多段速化にカスタマイズされました。
お客様だけのすごく素敵な1台に仕上がりました。

折りたたみ自転車は玄関に置けますか

よくお客様に折りたたみ自転車を玄関や室内で保管できますか?

という質問をお受けします。

外に置くスペースがない、外に置いておくのが心配。

そういった事情でよくお話をお伺いするので、

今回は、マンションの玄関に折りたたみ自転車を折りたたんで置いてみましたのでご紹介致します。

置いた自転車は、TernのLink N8という車種の20インチ自転車です。

DAHON、Ternの20インチはだいたいが折り畳み時この大きさです。

各玄関の広さや形状にもよりますが、置いてみるとこんな感じでした。

この玄関では、折りたたみ自転車を置いても、

靴を置くスペースも多少はありました。

玄関を上がったところに、新聞紙等を敷いてそこに折りたたみ自転車を

置く事もあります。

以上、折りたたみ自転車を玄関に置いてみたイメージでした。

東京でのパーツ展示会に行って来ました。

水曜日からパーツの展示会に行って来ました。

火曜日でなくて無事、移動も出来ました。

飛行機からは富士山も見え、平地にも雪が残っているようでした

東京に着くと、覚悟していたからか寒さはましでした

でも、あちこちに雪が残っていました。