折りたたみ自転車の折りたたみ方と組み立て方(DAHON)

折りたたみ自転車のDAHONの折りたたみ方法と組み立て方法を動画で紹介致します。

ぜひご参考下さいませ。

こちらの動画が折りたたみ方です。

次の動画が組み立て方となります。

自転車の空気の入れ方 アメリカンバルブ編(米式)

空気の入れ方について動画にて解説させて頂きます。
(動画が見れない場合は下に静止画を用意しています)

今回はアメリカンバルブ(米式)について説明致します。
アメリカンバルブは、マウンテンバイク等に多く使われている種類です。
まずアメリカンバルブの形状ですが、以下の通りです。

入れ方は、下記の3種類になります。
空気入れの種類により入れ方が異なります。

  1. アダプタを使用して家庭用空気入れで入れる
  2. レバー式の米式対応空気入れで入れる
  3. ネジ式の米式対応空気入れで入れる


では、順番に各空気入れ別に解説していきます。

1.アダプタを使用して家庭用空気入れで入れる

この空気の入れ方をする場合はアダプタをご用意下さい。

以下は静止画で解説します。(内容は動画と同様です)

キャップを外します。

バルブ変換アダプタ(米式→英式)を取り付けます。(ネジ式)
これにより家庭用空気入れで空気を入れれるようになります。
家庭用空気入れは、イギリス式(英式)の仕様です。

家庭用空気入れを取り付けます。

空気を入れます。

空気を入れ終えたら、空気入れを外します。

変換アダプタを外します。

最後にキャップをして完了です。

 

2.レバー式の米式対応空気入れで入れる

※空気圧を見る場合は、予めタイヤの側面に書いてある空気圧をご確認下さい。

以下は静止画で解説します。(内容は動画と同様です)
この空気の入れ方をする場合は米式対応のレバー式空気入れをご用意下さい。

キャップを外します。

 

米式用の空気入れを取り付けて下さい。
差し込む際は、まっすぐにお願い致します。
バルブがゆがむと戻らない場合もあります。

レバーを起こして下さい。

空気を入れます。

空気圧を見る場合は、予めタイヤの側面にて確認した空気圧に合わせます。

空気を入れ終えたら、空気入れのレバーを畳みます。

空気入れを外します。
バルブが痛まないよう、まっすぐに外して下さい。

最後にキャップをして完了です。

3.ネジ式の米式対応空気入れで入れる

※空気圧を見る場合は、予めタイヤの側面に書いてある空気圧をご確認下さい。


以下は静止画で解説します。(内容は動画と同様です)
この空気の入れ方をする場合は米式対応のネジ式空気入れをご用意下さい。

キャップを外します。

米式用の空気入れを取り付けて下さい。
差し込む際は、まっすぐにお願い致します。
バルブがゆがむと戻らない場合もあります。

ネジを締め、空気入れを固定します。

空気を入れます。

空気圧を見る場合は、予めタイヤの側面にて確認した空気圧に合わせます。

空気入れのネジをゆるめます。空気入れを外します。
バルブが痛まないよう、まっすぐに外して下さい。

最後にキャップをして完了です。

 

自転車の空気の入れ方 イングリッシュバルブ編(英式)※主にシティサイクル

空気の入れ方について動画にて解説させて頂きます。
(動画が見れない場合は下に静止画を用意しています)

今回はイングリッシュバルブ(英式)について説明致します。
イングリッシュバルブは、主にシティサイクル等の実用自転車に多く使われている種類です。
まずイングリッシュバルブの形状ですが、以下の通りです。
空気入れは、普通の家庭用空気入れを使用します。

以下は静止画で解説します。(内容は動画と同様です)

キャップを外します。

※樽型のネジがゆるんでいる場合は、しっかり締めて下さい。

家庭用空気入れを取り付けます。

空気を入れます。

空気入れを終えたら、空気入れを外します。

キャップをして完了です。

自転車の空気の入れ方 フレンチバルブ編(仏式)

空気の入れ方について動画にて解説させて頂きます。
(動画が見れない場合は下に静止画を用意しています)

今回はフレンチバルブ(仏式)について説明致します。
フレンチバルブは、スポーツ車に多く使われている種類です。
まずフレンチバルブの形状ですが、以下の通りです。

入れ方は、下記の3種類になります。
空気入れの種類により入れ方が異なります。

  1. アダプタを使用して家庭用空気入れで入れる
  2. レバー式の仏式対応空気入れで入れる
  3. ネジ式の仏式対応空気入れで入れる


では、順番に各空気入れ別に解説していきます。

1.アダプタを使用して家庭用空気入れで入れる

この空気の入れ方をする場合はアダプタをご用意下さい。

以下は静止画で解説します。(内容は動画と同様です)

キャップを外します。

樽型のネジをゆるめます

ネジをゆるめたら、ネジの頭を叩き、弁を開きます。
叩いた時、空気の出る音を確認して下さい。

バルブ変換アダプタを取り付けます。(ネジ式)
これにより家庭用空気入れで空気を入れれるようになります。
家庭用空気入れは、イギリス式(英式)の仕様です。

家庭用空気入れを取り付けます。

空気を入れます。

空気を入れ終えたら、空気入れを外します。

変換アダプタを外します。

樽型のネジを締めます。

最後にキャップをして完了です。

 

2.レバー式の仏式対応空気入れで入れる

※空気圧を見る場合は、予めタイヤの側面に書いてある空気圧をご確認下さい。

以下は静止画で解説します。(内容は動画と同様です)
この空気の入れ方をする場合は仏式対応のレバー式空気入れをご用意下さい。

キャップを外します。

樽型のネジをゆるめます

ネジをゆるめたら、ネジの頭を叩き、弁を開きます。
叩いた時、空気の出る音を確認して下さい。

仏式用の空気入れを取り付けて下さい。
差し込む際は、まっすぐにお願い致します。
バルブがゆがむと戻らない場合もあります。

レバーを起こして下さい。

空気を入れます。

空気圧を見る場合は、予めタイヤの側面にて確認した空気圧に合わせます。

空気を入れ終えたら、空気入れのレバーを畳みます。

空気入れを外します。
バルブが痛まないよう、まっすぐに外して下さい。

樽型のネジを締めます。

最後にキャップをして完了です。

3.ネジ式の仏式対応空気入れで入れる

※空気圧を見る場合は、予めタイヤの側面に書いてある空気圧をご確認下さい。


以下は静止画で解説します。(内容は動画と同様です)
この空気の入れ方をする場合は仏式対応のネジ式空気入れをご用意下さい。

キャップを外します。

樽型のネジをゆるめます

ネジをゆるめたら、ネジの頭を叩き、弁を開きます。
叩いた時、空気の出る音を確認して下さい。

仏式用の空気入れを取り付けて下さい。
差し込む際は、まっすぐにお願い致します。
バルブがゆがむと戻らない場合もあります。

ネジを締め、空気入れを固定します。

空気を入れます。

空気圧を見る場合は、予めタイヤの側面にて確認した空気圧に合わせます。

空気入れのネジをゆるめます。

空気入れを外します。
バルブが痛まないよう、まっすぐに外して下さい。

樽型のネジを締めます。

最後にキャップをして完了です。

 

折りたたみ自転車は玄関に置けますか

よくお客様に折りたたみ自転車を玄関や室内で保管できますか?

という質問をお受けします。

外に置くスペースがない、外に置いておくのが心配。

そういった事情でよくお話をお伺いするので、

今回は、マンションの玄関に折りたたみ自転車を折りたたんで置いてみましたのでご紹介致します。

置いた自転車は、TernのLink N8という車種の20インチ自転車です。

DAHON、Ternの20インチはだいたいが折り畳み時この大きさです。

各玄関の広さや形状にもよりますが、置いてみるとこんな感じでした。

この玄関では、折りたたみ自転車を置いても、

靴を置くスペースも多少はありました。

玄関を上がったところに、新聞紙等を敷いてそこに折りたたみ自転車を

置く事もあります。

以上、折りたたみ自転車を玄関に置いてみたイメージでした。

自転車のチューブのバルブの種類について

自転車の空気を入れる際のバルブの種類についてです。

自転車の空気入れ部分のバルブに種類があるのはご存知でしょうか?

バルブには、種類が3種類あります。

  1. 英式(イギリス式)
  2. 仏式(フランス式)
  3. 米式(アメリカ式)

それでは、それぞれについて簡単にですが解説致します。

1.英式(イギリス式)

主にシティサイクル(実用、通勤、通学)用に多く使用されているタイプです。
日本では最も多く普及されているスタンダードな形状です。
普通の空気入れで簡単に空気が入れられます。

2.仏式(フランス式)

主にスポーツバイクに多く使用されているタイプです。
空気圧がめいいっぱい入れる事ができ、地面との接地面積が少なくなるため、
抵抗のないスムーズな走行が特徴です。
空気の入れ方も英式と違い、ネジ部分を緩めての作業や、
専用の空気入れや通常の空気入れの場合はアダプターを必要とします。

3.米式(アメリカ式)

かつてマウンテンバイクに多く使用されていたタイプです。
形状は、バイクや車と同じタイプになります。
空気が漏れにくいのがメリットです。
空気の入れ方はこちらも英式と違い、
専用の空気入れや通常の空気入れの場合はアダプターを必要とします。

※各バルブの空気の入れ方については、別のブログの投稿にて解説させて頂きます。下記リンクよりどうぞ

空気の入れ方 英式
空気の入れ方 仏式
空気の入れ方 米式

お店のサイトは、www.nakagoya.jp です。