tern verge p20 ドロップハンドル化の改造

今回は、tern verge p20 のカスタマイズ(改造)情報です。

カスタマイズ内容は、フラットバーからドロップハンドルバーへの改造となります。

まず変更したパーツが、
ハンドルバー
シフトレバー
ブレーキレバー
vブレーキ
ハンドルポスト
ステム
リアディレイラー
サドル
以上の8点です。
サドルは、ドロップハンドル化と関係なく交換しています^^

それでは、各パーツ毎に紹介していきます。
ハンドル、ハンドルポスト、ステム、シフト、ブレーキ部分からです。
before
after
ハンドルは、POWER TOOL ショートリーチドロップバーへ。
ハンドルポストは、tern physis 3D T-bar、
ステムは、tern syntace VRO stem、
シフト・ブレーキは、TiagraのSTIレバーへ。
バーテープは、車体に合わせたオレンジでかっこよく!

ブレーキです。
before
after
こちらは、デフォルトのブレーキから、
TiagraのSTIレバーに合うものへ変更。
TRPのCX8.4へ!
ブレーキとしての性能もよく使い心地がいいですよ!

最後にリアディレイラー。
before
after
スラムからシマノtiagraへ。

最後にオマケのサドル。
before
after
サドルは、VELOのSENSOに変えました。
かっこよく、座りやすく!

以上のカスタマイズで、ドロップハンドル化完了です!

ドロップハンドル化することで、より前傾姿勢で、
走りやすく、ロングライドに強く、スピーディーな走りができるように
なりました!
もちろん見た目もかっこよくなっています^^