自転車の空気の入れ方 アメリカンバルブ編(米式)

空気の入れ方について動画にて解説させて頂きます。
(動画が見れない場合は下に静止画を用意しています)

今回はアメリカンバルブ(米式)について説明致します。
アメリカンバルブは、マウンテンバイク等に多く使われている種類です。
まずアメリカンバルブの形状ですが、以下の通りです。

入れ方は、下記の3種類になります。
空気入れの種類により入れ方が異なります。

  1. アダプタを使用して家庭用空気入れで入れる
  2. レバー式の米式対応空気入れで入れる
  3. ネジ式の米式対応空気入れで入れる


では、順番に各空気入れ別に解説していきます。

1.アダプタを使用して家庭用空気入れで入れる

この空気の入れ方をする場合はアダプタをご用意下さい。

以下は静止画で解説します。(内容は動画と同様です)

キャップを外します。

バルブ変換アダプタ(米式→英式)を取り付けます。(ネジ式)
これにより家庭用空気入れで空気を入れれるようになります。
家庭用空気入れは、イギリス式(英式)の仕様です。

家庭用空気入れを取り付けます。

空気を入れます。

空気を入れ終えたら、空気入れを外します。

変換アダプタを外します。

最後にキャップをして完了です。

 

2.レバー式の米式対応空気入れで入れる

※空気圧を見る場合は、予めタイヤの側面に書いてある空気圧をご確認下さい。

以下は静止画で解説します。(内容は動画と同様です)
この空気の入れ方をする場合は米式対応のレバー式空気入れをご用意下さい。

キャップを外します。

 

米式用の空気入れを取り付けて下さい。
差し込む際は、まっすぐにお願い致します。
バルブがゆがむと戻らない場合もあります。

レバーを起こして下さい。

空気を入れます。

空気圧を見る場合は、予めタイヤの側面にて確認した空気圧に合わせます。

空気を入れ終えたら、空気入れのレバーを畳みます。

空気入れを外します。
バルブが痛まないよう、まっすぐに外して下さい。

最後にキャップをして完了です。

3.ネジ式の米式対応空気入れで入れる

※空気圧を見る場合は、予めタイヤの側面に書いてある空気圧をご確認下さい。


以下は静止画で解説します。(内容は動画と同様です)
この空気の入れ方をする場合は米式対応のネジ式空気入れをご用意下さい。

キャップを外します。

米式用の空気入れを取り付けて下さい。
差し込む際は、まっすぐにお願い致します。
バルブがゆがむと戻らない場合もあります。

ネジを締め、空気入れを固定します。

空気を入れます。

空気圧を見る場合は、予めタイヤの側面にて確認した空気圧に合わせます。

空気入れのネジをゆるめます。空気入れを外します。
バルブが痛まないよう、まっすぐに外して下さい。

最後にキャップをして完了です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です