自転車の空気の入れ方 イングリッシュバルブ編(英式)※主にシティサイクル

空気の入れ方について動画にて解説させて頂きます。
(動画が見れない場合は下に静止画を用意しています)

今回はイングリッシュバルブ(英式)について説明致します。
イングリッシュバルブは、主にシティサイクル等の実用自転車に多く使われている種類です。
まずイングリッシュバルブの形状ですが、以下の通りです。
空気入れは、普通の家庭用空気入れを使用します。

以下は静止画で解説します。(内容は動画と同様です)

キャップを外します。

※樽型のネジがゆるんでいる場合は、しっかり締めて下さい。

家庭用空気入れを取り付けます。

空気を入れます。

空気入れを終えたら、空気入れを外します。

キャップをして完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です